80. ブラックロックの警鐘

$7T(7兆ドル)と日本のGDP規模($5.75T)より大きな資産を管理する世界最大アセットマネージメント会社ブラックロック。 そのCEOラリー・フィンクが毎年年初に投資先企業CEOに送る新年年初レターはインパクトがある。 例年レターと今年一月一四日のレターは少しニュアンスが違っている。 ブラックロック顧客への忠誠を誓うほどに地球環境持続に反する環境破壊リスクは投資リスクであると明言した。 今後のブラックロックが判断する投資基準は地球環境サステイナビリティ視点を標準とし、このミッションを共有しない企業戦略を仕切る取締役会には辞退頂き、このミッションを企業戦略の核に置かない企業へは、投資しないと明言した。

全てこれはミレニアル世代が牽引する地球社会全体貢献との理念が後押しているESG投資デマンドの加速プレッシャーを敏感に感じますね。

フィンクの本気度はこれからの戦略実践にてしか分からぬが、企業リーダー達にとっては大きなチャレンジとなる。 ブラックロックの警鐘するミッションをどんな施策への落とし込みを有言実行するコミュニケーターとして力量が問われる時が来た。 この警鐘を真剣に受け止め先手を打って経営に当たる戦略見直し革新変革を実行できるかが問われる。

どの業種の企業もこのチャレンジを無視しては存続できない。 大きなリープ・フロッグできる競争優位性を築く機会と捉え、この挑戦を真摯に受け止めるべし。

Got Strategic Marketing?

IMG_1657

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s