67. スマートに行こう

年が変わる今の時期に何処でも誰でもが行う習慣がある。過ぎ去ろうとしている1年の反省をし、これから迎える新年に向けて目標を立て直す。目標と実績の大きなギャップにため息をし、自己管理の甘さを無理やり思い出させる時期です。

本日師走最後の日のNYタイムズでも、スマート・リヴィング編集担当のティム・ヘレッタがビジネス版で取り上げていた。目標管理、習慣化、意識したタイム・オフの必要性を説いていた。

目標管理手法で誰もが推薦する手法にスマート(SMART)管理がある。

S: Specific (絞り込んだ特筆項目である事)

M: Measurable (達成度が測定できる事)

A: Achievable (達成が可能である事)

R: Relevant (目標にダイレクトに関連している事)

T: Time-bound (時間軸にて特定できる事)

 

目標管理にてよく耳にする標語ではあるが、今一度、意識してこれを習慣付けできれば、ギャップは少しは埋まる筈である。但し、ノン・ストップの強行実行は人間には無理な事を承知すべき。人間の我々の頭脳は、意識したエンプティの空白時間が睡眠と同じように必要。

意識してこのスマート管理にて来年の目標を再考したい。

一年に一度ではなく、3ヶ月に一回のレビュー、月一回のレビュー、いやいや週一レビューは、意識して心掛けたい。

基本に戻って、スマートに行動。

Got Strategic Marketing?

IMG_1371

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s